リキッテナーとは
「リキッテナー」(Liqui-Tainer)とはLiquid(液体)とContainer(容器)をつなげた商品名です。昭和42年に永年の研究開発の結果 、他社に先駆けて発売以来、未来型の流通容器として、また保存容器として注目を集めています。最近では省資源としてまた後処理が簡単な容器という経済的メリットをもっており益々ご好評をいただいております。
 
 液体輸送に求められたリキッテナーの利点

■包材コスト低減
フィルム内装袋とダンボールによる構成で、従来ご使用のポリ缶 又は、金属缶に比べ容器コスト低減に貢献いたします。

■保管スペース削減
フィルム構成の内装袋は、コンパクトで折りたたみが可能なため、未使用時の保管場所・保管コストの低減に寄与します。

■省資源容器
内装袋は20Lサイズで約150gと軽量であり、廃棄物の減容化に貢献できる他、使用後の廃棄処分も容易です。また、リユース品に比べ、洗浄作業等が不要な為、洗浄水による河川の汚水など環境問題対策にも最適です。

■フィルム
弊社が独自開発した内装袋のフィルムは、内容物のニーズに合わせて幅広く選定が可能です。

■ バリエーション豊富な商品
リキッテナーの部品は消費者や充填ラインの使用状況に合わせてご提案いたします。

■ 外装段ボール
株式会社トーモクと共同で外層段ボールを開発・設計・生産しておりますので、ニーズに合わせたパッケージをご提案いたします。

■ 充填・包装の簡略化
処理能力及び精度の高い液体充填機・製函機・封函機を揃え、各種メンテナンス等サービスも充実しています。

 
 
 公共団体にも防災グッズとして採用された「緊急用飲料・生活用水袋」
  緊急時の飲料・生活用水確保に大変便利なバッグタイプ水袋です。クリーンルームで製造されているため衛生的で小さく折りたたみができ、長期保管・持ち運びにもスペースを取りません。また、2重構造ですので強度もあり水漏れもありません。10リットルの水でも袋に持ち手が付いているので運搬も楽で災害防災グッズとして全国の自治体・公共団体より採用をいただいております。
 
 東都リキッテナー充填システム
リキッテナーシステムは液体包装のコストダウンと省力化を約束いたします。コンパクトなユニットマシンの組合せによって構成されます。システムの中心となる液体充填機はニーズに合わせて、自動充填機・半自動充填機と希望される処理能力、フロアスペース、ご予算に合わせてお選びいただけます。
   
 
ごあいさつ会社情報商品情報リンク
 
Copyright 2006 TOHTO MOLDING CO., LTD. All rights reserved.